しみを薄くする食事

毎日の食事で体の内側からもケア!
シミ対策はロスミンリペアクリームホワイトのような外側からのケアも重要ですが、毎日の食事も白く美しい肌を維持するためには重要なポイント!
体の内側と外側から同時にケアすることで、より効果的になっていくのです。
 

ビタミンC

ビタミンCは美白栄養素の代名詞とも言える栄養素。ビタミンCには、しみの原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用が高く、メラニンの生成を抑制する作用もあります。

ビタミンCを含む主な食材
赤ピーマン・ゆず など
 

ビタミンB2

ビタミンB2は、肌の代謝を高めて、新陳代謝を正常化する作用がある栄養素です。代謝を活発にすることでメラニンの排出をサポートしてくれます。シミを薄くする効果を期待する事が出来ます。

ビタミンB2を含む主な食材
豚レバー・牛レバー など
 

L-システイン

L-システインは肌の新陳代謝を正常化する作用がある成分。ビタミンB2と同じく、新陳代謝を活発にする事で、メラニンの排出を施します。

L-システインを含む主な食材
大豆・はちみつ など
 

リコピン

リコピンはビタミンEの100倍の抗酸化力を持つと言われています。紫外線による肌ダメージを修復してメラニンの生成を抑制する効果があるそうです。

リコピンを含む主な食材
トマト・ピーマン など
 

アスタキサンチン

アスタキサンチンは抗酸化作用の高い栄養素です。肌ダメージを修復し、メラニンを抑制、そして活性酸素を除去して肌の老化を防ぐ働きがあると言われています。

アスタキサンチンを含む主な食材
鮭・いくら など
 

エラグ酸

エラグ酸はポリフェノールの一種で、抗酸化作用が高く、肌細胞の老化を抑制します。メラニンを抑制する効果もあるので、美白効果の高い栄養素と言われています。

エラグ酸を含む主な食材
ザクロ・ベリー など
 
★メラニンって?
メラニンは人間だけでなく、他の動物や植物、また一部の菌類などに形成される色素で、黒色メラニン(ユーメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)があります。
黒人、白人、黄色人種で肌の色や髪の色に違いがあるのはこの、黒色メラニン(ユーメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)の量が異なるため。
ちなみに、加齢によって黒髪が白髪になっていくのは、メラノサイトを生み出す幹細胞の衰えにより、毛根でメラニンが生成されなくなるためと考えられています。
また、メラニンはシミのもとになると言うイメージが強いので肌にとって悪いものと思われがちですが、実は紫外線から肌を守る大切な働きをしてくれているのですよ!
 

とにかく『こまめなビタミンC摂取』を心がけて!

美白の定番成分、ビタミンC。まずはとにかくこの、ビタミンCをこまめに摂取する事を心がけましょう!
ビタミンCは水溶性なので、摂取しても体外に排出されてしまいやすく、体の中に留めて置くことが難しい成分です。だからこそ、『こまめなビタミンC摂取』が基本になってくるのです!それも毎日、出来れば朝昼晩と摂取出来ると理想だと思います。
また、ビタミンCはL-システインと一緒に摂取すると相乗効果が期待できると言われています。
L-システインを多く含む豆乳とはちみつに、ビタミンCを多く含むレモンを入れたドリンクなんか、良いですね!


参考引用抜粋:医師が教える正しいスキンケア大全